ホーム > 戸坂 潤

戸坂 潤

戸坂 潤
名前 戸坂 潤
カナ トサカ ジュン
 

プロフィール

1900年9月27日に東京で生まれ、1945年8月9日に長野刑務所で獄死した。 1932年10月設立の「唯物論研究会」の事務長を1933年10月より務め、困難な状況の中で「名船長」として可能な限りの合法的な活動の舵取りを行い、機関紙『唯物論研究』と『唯研ニュース』を発行し続けた。 著書に『科学方法論』(1929年)、『イデオロギーの論理学』(1930年)、『イデオロギー概論』(1932年)、『技術の哲学』(1933年)、『日本イデオロギー』『科学論』(1935年)、『思想としての文学』『思想と風俗』『現代唯物論講話』『道徳論』(1936年)、『認識論』(1937年)、などがある。(北林雅洋「戸坂潤全集未収録論文集 解説」より)

このページのトップへ

著作一覧

戸坂潤全集未収録論文集

戸坂潤全集未収録論文集

戦闘的唯物論者の最晩年の理論的精華

著者:戸坂 潤
北林 雅洋
 
戸坂潤の哲学

戸坂潤の哲学

唯物論者・戸坂潤の戦闘的批判精神をみよ!

著者:戸坂 潤
吉田 傑俊 編・解説
 
 

このページのトップへ