ホーム > サーカスは私の〈大学〉だった

サーカスは私の〈大学〉だった

サーカスは私の〈大学〉だった

『朝日』『読売』『産経』『中日』『東京』各紙で大きく紹介されています!

著者 大島 幹雄
ジャンル エッセイ
シリーズ 〈私の大学〉テキスト版
出版年月日 2013/02/28
ISBN 9784875592723
判型・ページ数 4-6・162ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 私のサーカス事始め
第二章 象との危険な旅
第三章 サーカスのセールスマン
第四章 サーカス行脚の旅
第五章 素晴らしきクラウン(道化師)の世界
第六章 サーカスと革命
第七章 海を渡ったサーカス芸人――沢田豊
第八章 嘘つき萬里行状記
第九章 サーカス三兄弟
第十章 国境を超える綱渡り
第十一章 インディアンロープの謎
第十二章 桃太郎イリュージョン
第十三章 極北のサーカス団
第十四章 ボリショイ・サーカス誕生秘話と呼び屋の東大
第十五章 海を渡ったサーカス芸人――シマダファミリーの運命
第十六章 サーカス学誕生
あとがき

このページのトップへ

内容説明

出たとこ勝負の、なんてファンタスティカな人たちなんだろう!

新潟空港に着いたアエロフロート機のタラップから、一頭の熊が調教師と一緒に降りてきた。ボリショイ・サーカスのツアーマネージャー永井さんがささやいた。「今日からお前は、あの熊と一緒だぞ」

魂を揺さぶる道化師(クラウン)たちの至高の芸、酷寒のシベリア最果ての地のサーカス団、韓国の“人間国宝”綱渡り芸人、生き物さながらに縄がするすると天へと昇る謎に満ちた「インディアン・ロープ」、革命前のロシアに渡った日本人サーカス団の運命――世界中のおもしろ芸人を捜し当て、日本に呼び、そして日本列島北から南へのどさ回り……「サーカスのセールスマン」大島さんの抱腹絶倒のサーカス漂流記!

 

このページのトップへ

関連記事

このページのトップへ