ホーム > ヘーゲル哲学研究 第19号

ヘーゲル哲学研究 第19号

ヘーゲル哲学研究 第19号

特集 『大論理学』 200年

著者 日本ヘーゲル学会編集委員会
ジャンル 哲学・思想
シリーズ ヘーゲル哲学研究
出版年月日 2013/12/20
ISBN 9784875592815
判型・ページ数 A5・234ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【巻頭言】
 ヘーゲル哲学の日本における受容 藤田正勝

【講演】
 同一性と非同一性との同一性 「絶対的同一性体系」へと至るシェリングの道程 マンフレート・フランク

特集 ヘーゲル『大論理学』二〇〇年

【特別寄稿】
 ヘーゲルの個体論とゲーテの色彩論 加藤尚武

【シンポジウムⅠ ヘーゲル『大論理学』出版二〇〇年を迎えて】
 必然性と自由 「客観的論理学」から「主観的論理学」へ 髙山守
 ヘーゲルにおける「関係の存在-認識-論」の展開 久保陽一
 形而上学批判としての形而上学 哲学史的コンテクストにおけるヘーゲル論理学 大河内泰樹
 シンポジウム総括 徳増多加志

【シンポジウムⅡ ヘーゲル『大論理学』の意味について― カントの超越論的論理学との対立から】
 批判と形而上学のあいだ J・F・フラットのカント講義を手掛かりに 山根雄一郎
 イエナ― ヘーゲル哲学の揺りかご  山内廣隆
 ヘーゲル論理学における矛盾・主体・自由 牧野広義
 シンポジウム総括 海老澤善一

【公募論文】
 『精神現象学』における「承認論」の新展開 斎藤幸平
 身体と言語 「精神哲学」における二つの表現 池松辰男
 ヘーゲル哲学におけるオイディプス問題 鈴木亮三

【合評会Ⅰ 小島優子著『ヘーゲル 精神の深さ 『精神現象学』における「外化」と「内化」』】
 滝口清榮(評論一)・寄川条路(評論二)・飯泉佑介(評論三)

【合評会Ⅱ 野尻英一著『意識と生命 ヘーゲル『精神現象学』における有機体と「地」のエレメントをめぐる考察』】
 片山善博(評論一)・川瀬和也(評論二)・徳増多加志(評論三)

【書評】
 『ヘーゲルとオリエント』神山伸弘編 寄川条路

【史料】
 フェノロサ講義「哲学史 ヘーゲル論(清澤満之筆記)」(中) 川瀬和也・守津隆

 二〇一三年度公募論文審査経過報告 公募論文審査委員長 座小田豊
 二〇一三年度研究奨励賞選考経過報告 研究奨励賞選考委員長 山口誠一

このページのトップへ