ホーム > 無意識のヘーゲル

無意識のヘーゲル  新刊

鏡映理論としての『大論理学』

無意識のヘーゲル

ヘーゲル『大論理学』における鏡映理論をたどり、「マルクス―フロイト」に関連づける野心作。

著者 ヴァルター・ノイマン
内田 弘
ジャンル 哲学・思想
経済学・政治経済学
出版年月日 2017/04/10
ISBN 9784875593270
判型・ページ数 4-6・279ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

まえがき
序説
第一巻 客観的論理学
第二巻 主観的論理学 あるいは概念論
あとがき
補論 マルクスの商品分析についての新しい解釈 商品関係の諸物への射影としての貨幣・資本

訳者解説

このページのトップへ

内容説明

ヘーゲル『大論理学』における鏡映理論をたどり、「マルクス―フロイト」に関連づける野心作。

ふだん鏡に映して見る「あなた」は他人がじかに見ている「あなた」ではないことに気づいているだろうか。「合わせ鏡(二重鏡)」の鏡①の中の鏡②に映る「あなた」こそ、他人の見ている「あなた」である。「あなた」は重層的な奥深い鏡の世界で変貌してゆく。このような鏡映過程を神の自己創造過程として論証したのがヘーゲルの『大論理学』である。本訳書はこのことを緻密に論証する。

このページのトップへ