ホーム > 夜の放浪記

夜の放浪記  新刊

夜の放浪記

真夜中のワンダーランドへようこそ! わたしたちが眠っているあいだに、働き、歌い、祈り、食べる人びと。

著者 吉岡 逸夫
ジャンル 社会思想
エッセイ
シリーズ 〈私の大学〉テキスト版
出版年月日 2017/12/15
ISBN 9784875593331
判型・ページ数 4-6・142ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 未刊・予約受付中
 

目次

はじめに

第一章 七十三歳の元祖トラック野郎
第二章 新宿八百屋
第三章 深夜徘徊
第四章 流しの歌姫
第五章 水族館劇場
第六章 夜の焼鳥工場
第七章 老人介護の夜
第八章 たばこ自販機
第九章 明治神宮野球場でヨガ
第十章 ラマダン(断食月)の夜
第十一章 変わる渋谷の夜
第十二章 アナゴ漁
第十三章 東京の真ん中で念仏
第十四章 小岩のリトルバンコク

夜の放浪記【番外編】
第一章 二十四時間保育園
第二章 夜の駄菓子屋
第三章 会員制の〝のぞき〟
第四章 王子の「狐の行列」

おわりに

このページのトップへ

内容説明

真夜中のワンダーランドへようこそ!

みなさんがぐっすり眠っている間に、
働き、歌い、祈り、食べる人びと。
そこには、不思議な世界が広がっていたのです。
戦場取材の名物記者が、東京の夜をさまよう!

私は、連続するトラブルにほとほと疲れ、もうこの企画を降りたくなりました。……取材をしても半分は断られます。OKしても、直前になってNOとなるケースも多い。夜に働いている人たちは、どこかに傷を負っていたり、複雑な事情があったりする人が多いのです。それだけに、中身の濃い取材となりました(「まえがき」より)

東京湾 夜のあなご漁
第十二章 アナゴ漁

流し
第四章 流しの歌姫

第六章 夜の焼鳥工場
第六章 夜の焼鳥工場

このページのトップへ